臨床検査課案内

都城健康サービスセンターは、都城市が設置し、都城市北諸県郡医師会が指定管理者として運営している施設(診療所)です。 指定管理事業として、検査事業と健診・検診事業を行っております。また、 隣接する都城市郡医師会病院および都城救急医療センターに臨床検査技師を派遣し、両施設を含め効率的な運営体制を構築しています。 地域の医療水準向上に貢献し、正確で迅速な臨床検査・健診・検診の提供に努めています。

都城健康サービスセンターは、都城地域健康医療ゾーン計画により平成27年に都城市郡医師会病院、都城夜間急病センター( 旧名称:都城救急医療センター)とともに高速都城IC付近に新築移転いたしました。

~丁寧に! 迅速に! 正確に!~
都城健康サービスセンター外観

都城健康サービスセンターで働く臨床検査技師は、平成27年6月現在、28名です。 経験豊富な技師から、今年入社した若い技師まで年齢層は幅広いですが、 互いに協力し『丁寧』且つ『迅速』且つ『正確』な検査データの提供を心がけて頑張っています。

毎年、日本医師会臨床検査精度管理、九州臨床検査精度管理、宮崎県医師会精度管理に参加し、 好成績を上げております。

検査業務内容

業務のメインは、検査室で実施している検体検査業務です。生化学、血液学、血清学、EIA、 一般・細菌学検査を、年間延べ40万検体処理しています。 その他の部署でも活躍しています。

  • 検診(健診)業務・・・一般検体検査、生理検査、エコー検査等
  • 営業・・・医師会会員施設とのパイプ役、特定健診電子化業務等
  • 都城市郡医師会病院・・・緊急検査、エコー検査等
  • 都城夜間急病センター・・・緊急検査

各部署、それぞれ密接な連携を取り検査業務を行っています。

検査風景
生涯学習
集合写真

臨床検査技師の資格を取得しても、知識、技術習得のため勉強は生涯続きます。 私ども検査課では、特に若い技師には月1回以上の施設内勉強会や県内外の学会、 研修会への参加を通じて、個人のスキルアップが図れる環境にあります。先輩技師達は、 日々の業務をこなしながら、血液認定士、緊急検査士などの資格を取得しています。